キチンと予防してノロウイルスを撃退しよう

ウイルス対策をする

菌

毎年流行が話題になるウイルスのひとつに、ノロウイルスがあります。これに感染すると、嘔吐や下痢、腹痛の症状が出ます。健康な大人であれば数日で回復しますが、高齢者や幼児の場合は重症化することもあり、注意が必要です。そして、ノロウイルスには、特に有効な治療薬や予防ワクチンはありません。ですから、予防のためには、感染のリスク自体を減らすことが重要になります。まず、ノロウイルスの感染経路は、主に食品や人の手指からです。ですから、まずは手洗いの徹底、そして食品の十分な加熱が最も有効です。さらに効果を上げるためには、手指はエタノール、調理器具などは次亜塩素酸ナトリウムか熱湯で消毒すると良いでしょう。また、生ものはできるだけ避けるのがベターです。そして、もし身近に感染者が出てしまったら、今度は二次感染の予防もしなければなりません。感染者の嘔吐物や糞便にも、ノロウイルスが大量に含まれているからです。特に嘔吐物や糞便が乾燥し、空気中に拡散すると、感染リスクは大きく高まります。ですから、処理する際には部屋の換気を十分にした上で、手袋とマスクをし、速やかに汚物を除去しましょう。その後は次亜塩素酸ナトリウムやアルコールで消毒し、廃棄物は他に触れないよう、密閉して捨てるのが鉄則です。また、トイレには嘔吐物や下痢が飛散しやすいため、こまめな清掃が必要です。家にトイレが2箇所以上あるなら、感染者と健常者の使用を分けるのが最も安全です。ノロウイルスの予防は、ウイルスに触れない・持ち込ませないことが一番のポイントです。

Copyright © 2017 キチンと予防してノロウイルスを撃退しよう All Rights Reserved.