キチンと予防してノロウイルスを撃退しよう

感染を防ぐための方法

咳

さまざまな感染経路

寒い季節になると、毎年ノロウイルスが大流行して、集団食中毒や集団感染のリスクが高まります。ノロウイルスは感染力がとても強いウイルスで、その感染経路はさまざまです。食べ物からの感染では、カキなどの二枚貝にウイルスが含まれていることがあり、生食や加熱が十分でない場合には感染してしまうことがあります。また、ウイルスが含まれている食材に触れた手でそのまま調理が行われた場合にも、その他の食材がウイルスに汚染されてしまい、食中毒を引き起こしてしまうケースがあります。さらに、ノロウイルスに感染している人からは、吐しゃ物や便などから二次的に感染が広がるケースも多く、集団感染へと進んでしまうこともあります。感染を予防するためには、口にする食材はしっかりと加熱をすること、調理器具などを適切に消毒すること、外から帰った時やトイレの際にはしっかりと手洗いをすることなどが大切です。感染予防のための手洗いは、石けん、爪ブラシ、消毒用アルコールなどを使って丁寧に行い、ウイルスが全く残らないように洗い流しましょう。ノロウイルスに感染している人からの二次的な感染を予防するためには、吐しゃ物などを正しく処理することが重要です。処理の際にはマスクや手袋の着用を忘れず、塩素系の漂白剤や熱いお湯などを使用してウイルスが飛び散らないように取り除きます。想像以上に広範囲にわたってウイルスが飛んでしまっていることも考えられるので、実際に目に見えている範囲よりも広く処理を行うことも適切な予防につながります。

マスク

正しい対策と検査

ノロウイルスの予防には日頃の手洗いとうがいをはじめ、さまざまな対策が必要です。検査方法には、遺伝子を検査する方法と迅速診断キットによる検査方法があり、調理、保育、介護などに携わる人たちが定期的に検査を受けられるように、郵送による検査に対応する専門機関も増えています。

ウィルス

原因と治療方法

ノロウイルスは経口感染が最も多いです。患者の嘔吐物を触っただけで感染するため、手洗いうがいをしっかりして予防する事が大切です。あかぎれを起こすと痛みが出て手洗いが不十分になる為、ワセリンを塗って乾燥を予防する事が大切です。特効薬がないので、常温のスポーツ飲料を飲んで塩分を摂取し、安静にしましょう。

菌

ウイルス対策をする

ノロウイルスは、感染すると嘔吐や下痢、腹痛を引き起こし、特に幼児や高齢者には危険があります。ノロウイルスには治療薬やワクチンがないため、予防には手洗いと消毒、食品の十分な加熱が最も有効です。また、感染者が身近に出た場合は、汚物の処理と消毒を徹底し、二次感染を防ぎましょう。

Copyright © 2017 キチンと予防してノロウイルスを撃退しよう All Rights Reserved.